【海外暮らしの日本食】絶品!自家製焼き肉のたれ | レモンねぎ塩だれ | 焼きおにぎり

japanese style BBQ 自家製焼き肉のたれアジアン

絶品自家製のたれで頂くお家焼き肉!

ハロー!Bettyだよ。

 

 

海外で暮らしているとなかなか簡単に手に入らない日本の食材。

 

日本のおいしい焼き肉のたれなんて、そう簡単に手に入らない物の一つ。

食べたいならば、必然的に手づくりするコトになります…。

 

今まで焼き肉のたれを作ったことなんてなかったので、難しいんだろうなぁと想っていたけどやってみたら意外と簡単に出来て、しかも市販のたれよりおいしい。

 

自分で簡単に作れると知ってから、ずっと焼き肉のたれは手づくりです。

今回はその自家製たれのレシピと、動画の中でも食べているたレモンねぎ塩だれのレシピ。

(焼き肉の動画は7:30辺りからです。)

【Van Life】Hygge Birthday | Winter to summer | Japanese style BBQ | ヒュッゲな誕生日 | 冬から夏 | 車中泊焼き肉パーティー

 

そして、焼き肉のプロ!

以前海の家で働いていた時に教えてもらった病み付き焼きおにぎりの作り方もシェアしたいと思います。

 

 

絶品! 自家製焼き肉のたれ レシピ

yakiniku recipe 自家製焼き肉のたれ

材料をすべて混ぜるだけで出来る、簡単なのに本格的な焼き肉のたれ。

けっこう濃いめのお味です。

 

自家製焼き肉のたれ 材料 2人分

  • 醤油                             大さじ4
  • 砂糖                             大さじ1
  • ごま油                           小さじ1
  • 豆板醬                         小さじ1
  • コチュジャン(あれば)         小さじ1
  • はちみつ           小さじ1
  • おろしにんにく           1片
    (にんにくスキは多めにどうぞ)
  • おろししょうが     ↑にんにくと同じ位
  • 煎りごま             適量
  • ネギ                適量
    後入れお好みで

 

自家製焼き肉のたれ 作り方

  1. すべてを混ぜる
  2. 出来上がり

簡単!

 

2人分と書きましたが、材料の割合はこんな感じで。

味見しながら微調整してください。

味が濃過ぎる場合はお水を足しています。

 

焼きおにぎりもする場合は、多めに作っておくことをオススメします。(倍量)

またこのたれが、焼きおにぎりとの相性抜群!

 

たれが余ったら、後日チャーハンや丼ぶり・炒め物など、何にでもイケます。

 

 

レモンねぎ塩だれ レシピ

yakiniku recipe 焼き肉のたれレシピ

ねぎたっぷり、ねぎスキにはたまらない。

さっぱり食べたいときのレモンねぎ塩だれ!

レモンねぎ塩だれで食べる

牛タンが恋しいよね!

 

さっぱりすっぱいモノが食べたくなった時には、このレモン塩だれをいろいろと活用しています。

 

コチラも丼ぶりや炒め物など、何にでも合っておいしい。

お肉との相性抜群です。

 

レモン塩だれ 材料 2人分

  • 長ネギ(リーク)               スキなだけ
  • 青ネギ                 スキなだけ
  • レモン汁         1(大さじでOK)
  • ごま油                            1
  • 砂糖                        1/4
  • 塩                         1/4
  • ブラックペッパー                    適量

※調味料の分量は割合

 

レモンねぎ塩だれ 作り方

  1. 長ネギ(白ネギ?)・青ネギ(小ネギ?)をスキなだけみじん切りにする
  2. ボウルにネギを入れる
  3. レモン・ごま油を1:1投入
  4. 塩と砂糖は1に対して1/4投入
  5. よく混ぜる
  6. 仕上げにブラックペッパー

理想はネギが泳ぐ位なのですが…。

 

ネギをたっぷり入れると必然的にレモン汁・ごま油も多くなります。

なので、レモン汁:ごま油 =1:1の割合で。

それに対して、塩・砂糖 = 1/4位の割合で。

大さじ使って様子を見ながら投入すると簡単です。

 

味見しながら適当に…!

 

 

レモンねぎ塩だれといえば牛タン◎
鶏肉にも◎
豚肉にも◎

想像するとよだれが出てくるやつですね。

レモンねぎ塩だれ、絶品です!

 

 

病み付き 焼きおにぎりの作り方

焼きおにぎり yaki-onigiri

以前海の家で働いていた時に、スタッフに教えてもらった激ウマ焼きおにぎり!

 

この焼きおにぎりを知ったら、焼き肉の時食べずにはいられない。

それ位おいしい、焼き肉のたれとバターがたっぷり浸み込んだ焼きおにぎりです。

焼き肉の、締めの楽しみでもあります。

※おいしくこの焼きおにぎりを食べるには、愛情が必要です。

焼きおにぎり 材料

  • おにぎり       スキなだけ
  • 焼き肉のたれ     たっぷり
  • バター        たっぷり
  • 刷毛        あれば便利

おにぎりは、崩れないよう
少し硬めに、にぎにぎ。

でも握りすぎると、中までたれが浸み込まないのでほどよい硬さで。

 

焼きおにぎり 作り方

  1. おにぎりを握る
  2. そのまま何もつけずに焼く
  3. カリカリになったらひっくり返す
  4. 焼いた面にだけ、焼き肉のたれをたっぷり塗り込む (おにぎりの半分位まで浸み込む程度)
    ※刷毛があると便利です
  5. 反対もカリカリになったらひっくり返して焼き肉のたれをたっぷりと塗り込む
  6. 再び焼いた面がカリカリになったら側面を順に焼いていく
  7. カリカリになったら次の側面へ、焼いた面にはたっぷりとたれを
  8. 全側面たれを浸み込ませ、カリカリに焼いたら…
  9. 最初に焼いた面(たれ済・カリカリ完)を上にして、たっぷりのバターを浸み込ませる
  10. 焼いている面がカリカリになったらひっくり返してたっぷりのバターを
  11. 出来上がり!

イメージ的におにぎりの中まで、全体的にたれが浸み込むように。

えっっ⁈ コレはたれ多過ぎじゃ…。

と思うくらいたっぷり浸み込ませても、意外とまだイケるやんってなります。

 

バターもたっぷりがポイント!

 

出来上がるまで、ちゃんと氣にして
見てあげないといけない

なかなか手のかかる焼きおにぎりです。

 

 

でもその手間ヒマと、愛情込めて焼き上げたおにぎりは想像以上のおいしさで返ってくるよ!

まさに病み付きの旨さ!

 

このおにぎりの為に

お腹のスペース空けておくの、大事です。

 

ちなみに動画では焼き肉のたれがなくなって醤油をかけていましたが…。

醤油でもイイけど、やっぱりたれの方が断然おいしい!

 

ので、やはりお家焼き肉するなら多めにたれを作っておくことをオススメします。

 

 

【海外暮らしの日本食】自家製焼き肉のたれ レシピ おわりに

japanese style BBQ 自家製焼き肉のたれ

海外にいて、1番恋しくなるのがやっぱり日本食。

焼き肉屋さんに行って、たらふくお肉が食べたい~。

ユッケとか、牛タンとか…。

 

焼き肉に限らず、海外ではなかなか手に入りにくい日本の食材。

 

でもどうしても日本食が食べたい。

ので、いろいろと試行錯誤していたら、意外と自分で作れるので始めはおどろきでした。

 

海外で暮らしている方の、知恵はスゴイ!

その発想はなかった!という海外ならではの日本食。

驚きのレシピがたくさんあるので、今後シェアしていきたいと思います。

 

何よりも一から創る料理はおいしい!

日本にいても、簡単においしい焼き肉のたれが出来るのでぜひ作ってみてください。

 

そして〆は、焼きおにぎりで♡

これから焼き肉シーズン到来ですね。

 

ちなみに、ヨーロッパ周辺の焼き肉の網は網目が大きすぎて、日本焼き肉スタイルでやっていると肉も野菜もボトボト落ちてしまいとても悲しい事になるのです。

 

大きな肉をドーーーーン!

が、ヨーロッパ式スタイル?
ザ・BBQ!!
肉肉しい感じがステキですね。

ずっと探してるけど、細かい網目の焼き網はまだ見かけたことがありません…。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

またね!

 

 

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました